西洋館のクリスマスへ行ってきたよん

2012年12月03日 00:00

さてさて!

先日ハロウインの時にお約束??しましたよね??
西洋館のクリスマスも撮りに行ってくる!って・・・・

え?そんな約束してない???

ま~~ま~~そういう事にしておいてくださいませ
その方が気分よくアップできるので(*≧∀≦*)
それにしても私にしては超スピードなアップなんですよ~~
すごいんですよ~~褒めて~~~!!!

ででで

土曜日の午後に行ってきました
その日が初日だったんですけど~~ま~~人がいっぱい\(◎o◎)/!
週末ってこんなに人が集まるのね~~すごいんだわ

とにかく~~無駄に写真をいっぱい撮ってきたので
またまたお子達のお許しを得て、今週は木曜日まで毎日更新をしたいと思います

多分・・・すぐ飽きると思いますので、皆様もさささ~~~と流して見てやってください 

でも

毎日覗いていただけると嬉しいです(*´∀`*)
 

DSC04610.jpg 

なに言ってるの?OKした覚えないけど??
お姉ちゃんが怖いにゃ

え??何か言った???よく聞こえな~~~い(笑)

さ!イオリのヽ(`Д´)ノが爆発する前に先に進みましょう

(´∀`*)ウフフ


まずは


「ブラフ18番館」 オーストリア
今、輝き放つノスタルジックなクリスマス
 

コンセプト:ヨーロッパの東西南北を結ぶ接点であるオーストリア、
全ての道はウィーンに通じ多彩な文化・芸術が発展しました。

今年は、芸術家グスタフ・クリムトの生誕150周年の年。
芸術と伝統文化を育んだ国の最も幸せで大切なクリスマスシーンを演出します。



DSC04614.jpg


DSC04615.jpg


DSC04616.jpg


DSC04617.jpg


DSC04619.jpg


DSC04621.jpg


DSC04625.jpg


DSC04628.jpg


DSC04629.jpg


DSC04630.jpg


DSC04632.jpg


DSC04633.jpg


DSC04635.jpg


DSC04636.jpg 


以上 ブラフ18番館でした

DSC04639.jpg 

ブラフ18番館の前の銀杏は結構有名

DSC04640.jpg 

ブラフ18番館と銀杏

DSC04641.jpg 

次が

「外交官の家」 フランス

Île-de-France (イル ド フランス)

森林と華麗な宮殿が多い イル ド フランス。

かつての王国貴族達の料理人たちは、革命後パリにかけて
多くのレストランを開きました。
料理文化を誇るフランスのクリスマジビエを楽しむ豊かな食卓を描きます。



DSC04642.jpg


DSC04645.jpg


DSC04647.jpg


DSC04649.jpg


DSC04651.jpg


DSC04654.jpg


DSC04655.jpg


DSC04656.jpg


DSC04657.jpg


DSC04658.jpg 


そして

「ベーリックホール」 ベルギー

クリスマスの記憶(カリオンの音とともに)


カリヨンの音色や教会の時を告げる鐘の音が街中に響き長い歴史と共に
暮らす人々の生活を包み込みます。

ベルギーのクリスマスを象徴するような絵画の深い色合いはシックで
重厚感漂う厳粛な趣を映し出します。



DSC04659.jpg


DSC04660.jpg


DSC04661.jpg


DSC04663.jpg


DSC04664.jpg


DSC04665.jpg


DSC04668.jpg


DSC04669.jpg


DSC04670.jpg


DSC04671.jpg 


ベーリックホールは年々渋くなってくる感じがしますね
もし自分の家でクリスマスをするならば、渋い方が良いかな?って思うんですけど
写真を撮りに行く方としてみれば、もっと華やかなほうが良いかな??
なんて思っちゃうんですけど

皆様のご感想はいかがでしょうか???

今回も7つの西洋館を廻ってきました。
実はもう一つ「山手68番館」というのもあるんですが・・・
所謂西洋館として有名なのは7つになるので、あえて行っておりません。
もしご興味ある方がいらっしゃいましたら、「山手68番館」も覗いてみてくださいませ

ちなみに「山手68番館」はスェーデンでトラット&モダンだそうです。

DSC04611.jpg 

信じられない・・・ぶつぶつぶつ
お姉ちゃん爆発寸前にゃ


明日も続きま~~~すヽ(*´∀`)ノ