イオリの初体験

2012年02月19日 00:00

いい加減書かねねば・・・ですよね(^。^;)

先々週の日曜日
イオリお嬢様が体調を崩されましたのですよ

いや~~~~びっくりしましたよ!超心配しましたし~~~~

病は突然訪れるものなんですね
イオリも今年の7月で10歳!!色々出てくる年齢なのかもしれませんね
こういうことがこれから増えていくのかしら???
ずっとずっと健康でいてほしいな・・・と、心から願っているiomocaです

DSC00991_20120205185201.jpg 

急にね!お熱が出ちゃったの

土曜日の夜はいつものように元気いっぱいで、オヤツのシーバをねだって
モカをいじめて・・結構早く寝ちゃったんですよ!ベッドで・・

あ~~これは夜中起きて暴れるだろうなって思っていたんです
ところが・・起きてきたのはモカだけで、イオリはベッドから降りようとしません。
珍しいな~~って・・・お疲れなのかしら?って
特に心配してなかったんですよね

でも、朝ご飯もあまり食べたがらないし、ちょびっと食べてまたすぐにホカペで寝ちゃう

あれ??あれ????おかしいよね?

でも猫って・・たまにこういう事あるじゃないですか?
ちょっと元気がないだけなのかな?と、暫く様子をみていたんですよ

でも気になることが一つ!

そう・・・トイレに全然行ってないんです。
さすがにこれが一番心配で、どうしよう~~~病院へ連れて行った方が良いか?
でもイオリは皆さんご存知だと思いますが・・
凄い神経質で・・病院へ行ったあとは、必ずモカと別居生活が始まってしまうんです
それもかなりのストレスになるし・・
すぐに治るものなら、連れて行きたくないというのが本音だったんです

でも・・さすがにこれはただ事ではない!と、病院に電話して
やっぱりトイレが気になるので~連れて来てくださいとのこと
急いで病院へ連れていきました。

熱が39.6度

人間とは違うので比べられないけど・・イオリも相当だるかったんだと思われます

DSC00990.jpg 

怖かったの・・・

いつもはワクチンとか爪きりとかしかされないのに
身体中触られて・・おちっこがたまってるか?詰まったりしてないか?
お腹にエコーをあてられて・・・
でもって~~~血液まで取られて

イオリお嬢様  あまりの恐怖にヨダレでべちょべちょになっちゃいました(笑)

DSC00993.jpg 

だって・・・初体験なんだもん

そうだよね・・・今までそんな事されたことないもんね(笑)

結局血液検査でも原因はわかりませんでした。
もっともっと詳しく調べたら何か出てきたのかもしれませんが・・
先生もそこまでは・・・という感じでしたので、今回は点滴と抗生剤の注射で
様子を見ることに

点滴も初めてでしたからね~~~イオリお嬢様!私にべったりくっついて
超可愛かったですよ(-^〇^-)
いつものツンデレちゃんとは別猫みたいでした

DSC00992.jpg 

たまたまよ!ママに甘えたわけじゃないからね

はいはい!よ~~~く、わかってますよ(笑)







ここまではもう結構前に書いたんですよ~~~~
でもそこからパワーダウンで・・どうも上手く書けないんですよね


気を取り直して~~続きです



家に帰ってイオリは案の定モカに威嚇!
モカも怖がって寄らないし・・・常に見ていないといけない状態になるので
この日は別々の部屋に寝ることに

ま~~大変でした(´ε`;)
イオリが具合悪いからと言って、イオリべったりになるわけにいかず
夜中に行ったりきたり・・・・へろへろでしたよ
いつもならこれが1週間近く続くんですけど・・・
今回は1日で別居生活が解消されました。
多分イオリも威嚇するパワーがなかったんでしょうね
モカにう~~しゃ~~~と言いつつも、同じ部屋で寝てましたもん
いつもなら絶対近寄らないんですけど、相当具合が悪かったのかな?って
ホッとした面もありますが、ちょっと心配でもありました。

お薬も大変でした!
そのままの形で飲ませる事に1日目挑戦したんですけど大失敗(-_-;)
まずかったんでしょうね~~~ヨダレをべちょべちょに出してました
何とかお薬を飲ませようとネットを巡っていたら
結構、シーバの中に入れて飲ませたという方多くて・・

これはいけるかも?と

シーバを半分にわって、中をくりぬいて、そこに薬を入れて
また中身を詰めて・・それでも匂いがするといけないかな?と
ビオフェルミンをまぶして、これで完璧だ!って思ってあげたら
しっかり薬の入ってないシーバだけ食べてくれたというイオリお嬢様

なんて頭が良いのでしょう・・・_| ̄|○ ううううううう・・・・

しまいには私が出すものは薬が入ってるんじゃないか?疑うようになって
モカが食べてるものは安心だ!って思ったのでしょう
モカの食べてるカリカリ以外食べなくなるし・・ほんと困ったちゃんでした

もう一度病院で注射してもらった方が良いかな?と悩んだのですが
徐々にではあるんですが、元気になってきたし・・モカいじめも始まったし
ご飯を食べないと言っても~~シーバはがっついて食べてるし(笑)
単なる我侭なんだろうな・・・多分・・

そう思ってこのあとは病院へ連れていかず様子をみることにしました。

2日目にあまりにもご飯を食べないので、ウエットのご飯を特別にあげたら
もう目の色変えて食べ始めて(笑)
ウエットのご飯だと、イオリはお腹を壊したことがあって
あまりあげたくなかったのですが、ご飯を食べないとパワーがつかないし
良くなるものも・・良くならないだろうと思って、2日間はウエットをあげたんです
そうしたら・・・
カリカリをだしても「これはあたしの食べるものではない!美味しいご飯をおだし!」と
命令するようになるし(笑)

モカはイオリだけが美味しいものを食べてると匂いでわかったのでしょう
イオリが食べていた場所に行って・・・
「ね~ね~モカちゃんのはないの?美味しい匂いがするよ」と
何回も私に訴えるし(´ε`;)
多頭飼いはほんと大変ですよね・・・・(笑)



3日目の夜あたりからいつものイオリお嬢様に変身(笑)
オヤツ頂戴頂戴!でも普通のカリカリは嫌
オヤツくれないならモカをいじめるからね!!と脅迫するし(笑)


ま!

元気になったってことで・・一安心かな?


でも・・とことん検査をしなくて本当によかったのか?
ふとそんなことを思ったりしています。
ブロ友さんの猫ちゃんがちょっとシコリがあってと病院へ連れていったら
緊急手術てなことになって~~もっと早く病院へ連れて行けばよかったと
そんな日記を読んでいたら・・不安になってきちゃいました。

威嚇がストレスになるからと、なるべく病院に連れていかないようにしてるiomoca家
これで本当に良いのかな?
病気になったときに、うちではどのくらいまでお子達にやってあげられるのだろうか?とか
凄い色々考えるようになりました。

今年で二人とも10歳

今は長生きの猫ちゃんもいっぱいいますよね
10歳はまだまだと思うか・・・もう10歳なんだからと思うか・・

ワクチンも去年はうちませんでした。
今年はどうするべきか?それも悩んでいます。
先生も推奨はしないけど、そこまでストレスになるのなら
ワクチンをしなくても良いのでは?と、おしゃってくださいました

ワクチンに関しても思いは人それぞれだと思いますし
絶対こうしないといけないということはないんでしょうけどね


そんなこんなのイオリの「お熱騒動」はとりあえず一件落着となりました


お子達は大事な大事な家族


病気がきっかけで色々考えさせらたiomoca
最終的には私が決めないといけないんですけど・・
少しでも長く、健康でいてほしい!本当に心からそう思った出来事なのでした